10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ポチッとお願いします→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 転職キャリアブログへ

3/23池上彰の学べるニュースより ?その??

今日はちょっと寒いですっ

先週に引き続き昨日の
『池上彰の学べるニュース』が地震&原発関連でしたね

池上さんが最後に
「わからないから不安。何が問題なのかを
これから理解していくことが大切」
って仰ってました。


確かに。


わかったからって不安がなくなるわけでもないけれど
わかった上での不安の方が負担は少ないですもんね

でも、色々と難しいことばかりです!!!!

その後の行動、考え方は人それぞれ違うけれど
しっかり考えて、自分が納得したうえで行動していきたいなぁと思います


それでは?まとめ??
・今回の地震について
・今後の支援策について
・放射線量について(追記)
・放射線、放射能を表す単位について
・モニタリングポストについて


ポチッとお願いします→にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 転職キャリアブログへ



■今回の地震について

tizu 宮城県の牡鹿半島が
 5.3m移動し、1.2m沈降

 福島では約2m移動し、
 30?40cm程度沈降

 大きな地震が起きると、陸地というのはある程度動くものだが
 これほど大きく動いたのは専門家でも驚いた。らしい

riku3 → riku4

 専門家の推定でわかってきたこと
 本来はプレートが全体がポンッ跳ね上がるはずだったのが
 今回はプレートの上の部分がポンッと跳ね上がったことによって
 引っ張られて、東に動くと同時に沈み込みが起きたのではないか
 今回の地震で動いた面積は、四国の8倍くらいの広さの岩盤が一気に動いたであろう
 推定でが南北600km、幅250km

■今後の支援策について
 現在の避難所16都県、避難者数26万人(警察署HP)
 小さい避難所等を含めるともっとあるのではないか・・・・。

 被災地で問題になっていること
  ・遺体の身元確認(一家で亡くなられている場合確認する人がいない)
  ・遺体の埋葬(火葬場が追いつかない→とりあえず土葬)
  ・窃盗の多発(治安維持のため、全国から警察官の派遣)
  ・ごみの処理(被害を受けた方の思い出の品まで処分していいものか)

 支援策 
 災害救助法
  :国が都道府県・国民などと協力し被災者に対し援助・保護を行う
   例)・避難所、仮設住宅 ・医療 ・食料、水、服、寝具 ・遺体の埋葬

   必要経費の大部分を国が負担する。
   国が負担してくれることで、自治体が避難する人を受け入れやすくなっている

 仮設住宅
  現在、岩手・宮城・福島で合計3万2800戸の要請
  国土交通省はプレハブ建築協会に
  2か月で3万戸の仮設住宅を供給してほしいと要請。現在建設中。
  (阪神淡路大震災の時は4万8000戸の仮設住宅が完成するまでに4か月かかった)

  災害救助法は、被災された方の当面の生活を支えるためのもの
  これからの生活を再建していくため支えになるものは?
   ↓↓
 地震再保険特別会計       
 :地震保険の支払額が1150億円を超えた場合の再保険
 
  保険会社が地震保険で被災した方に支払うが、その支払総額が
  1150億円を超えた場合は、超えた分の50%を国が補償する
  およそ2兆円ぐらいかかるようになった場合、超えた分の95%までは国が補償する

 地震保険
  地震保険は単独で入るのは難しい。火災保険に入った人がオプションで地震保険に入る
  全国で地震保険に入っている人は20数パーセントしかいない。
  地震保険に入っていない人には、この地震保険はおりない。

■放射線量
 (単位等については以前の記事で)
 放射線の量
  ・胸部x線(1回):0.05ミリシーベルト
  ・東京?ニューヨーク間往復(飛行機):0.19ミリシーベルト
  ・CTスキャン(1回):6.9ミリシーベルト
  ・原発で働く人(年間):50ミリシーベルト
  ・健康の被害:1回に500ミリシーベルト

 なぜ放射線は身体に悪いのか
  人間の細胞の中のDNAを傷つけてしまうため。
  放射線は目に見えず、匂いも音もしないから不安が広がる

 人体への影響
  7000ミリシーベルト:100%の人が死亡
  5000ミリシーベルト:白内障、皮膚の紅斑
  1000ミリシーベルト:10%の人が吐き気、嘔吐
   500ミリシーベルト:リンパ球が減る

  人体への影響を防ぐため、避難指示が出ている

 放射線と距離 
  放射線の強さは距離の2乗に反比例
 housya2
 
  福島の原発から出てくる放射線が、10?20km(避難指示)という
  ボーダーで届いているということよりも、
  放射性物質そのものが距離と共に薄くなっていく。そういった意味(避難指示?)

 政府が半径20?30km圏は屋内退避というのは
  1.かなりのものを遮蔽できる、ということをいっている
  2.内部被曝の防止。
    放射線物質は外の空気中にほかの場所より高いと考えられる
    そういうものが身体につく機会を最低限に抑える。
    不要不急の外出を避ける等の注意が必要

  ・原発から出てるのを防ぐ。
  ・出てしまったものが、遠くに飛んでいくのを防ぐ
  この2つ両方を防ぎたい。
  20kmくらい遠くになればそんなに飛んでいかない、ということで
  その辺までは規制している


■放射線・放射能を表す単位
 (放射性物質、放射線、放射能については以前の記事で)

 使われている単位は科学者の名前から。
 ベクレル Bq(科学者:アントワーヌ・アンリ・ベクレル)
 グレイ Gy(科学者:ルイス・ハロルド・グレイ) 
 シーベルト Sv(科学者:ロルフ・マキシミリアン・シーベルト)
 
 池上さんの例え) ame1
 ベクレル:放射性物質が出す放射線量(雨の量)
 グレイ:放射線が物質に吸収される量
     (地面が雨を吸収したりする量)
 シーベルト:人体に及ぼす影響度合い
        (人にあたる雨の量)

 専門家の例え)
 ベクレルとグレイ
 説明がイマイチ理解できなかった・・・。とりあえずこういうこと?というのを。
 
 zu1 zu2
 ・放射能=放射性物質がどれだけ放射線を出すか。
  →その単位がベクレル(放射能の単位)
  放射性物質が1秒間に何個の放射線を出すかという値

 ・物質の体重1kgあたり、どれだけエネルギーを受けているか。
  →その単位がグレイ(吸収した放射線のエネルギーの総量)

 ・同じベクレル数の放射能であっても、放射性物質の種類や測定点までの距離、
  間にある遮蔽物によって放射線の強さは異なる   

 グレイとシーベルト
  グレイはシーベルトの元になっていて、密接な関わりがある。
 
  人が感じる放射線の強さを放射線の種類によって掛けた数がシーベルト
  生物に対する影響を考慮した、放射線を受け取る強さ。
  人体から見て何か影響がある、ということを元に作った単位。
   ↓↓
  シーベルト=放射線荷重係数×グレイ
  放射線は同じ1グレイであっても、人が感じることは様々。
  x線γ線であれば1のものを感じたとするとα線だと20感じる
  中性子線だと(エネルギーによって様々だが)5?20感じる
  参照)シーベルト-wikipedia

 ?つぶやきー
 バイクをベクレルとして、
 バイクが人に当たった時の衝撃がグレイ、ケガの程度がシーベルト
 っていうことでしょうか・・・?
 バイクがトラックになれば衝撃も強くなるし、ケガもひどくなるってことで。
 ん????イマイチ。
 
 
■モニタリングポスト
 モニタリング:放射線を定期的に、または連続的に監視測定すること
 モニタリングポスト:モニタリングを行うために設置された装置

 モニタリングポストは随分前から設置されている。
 新宿区の都の健康安全研究センターのモニタリングポストは
 昭和32年から測定が続いている。

 ずっと測定していて、今回見たら通常より数値が多かった為
 「通常の○倍の放射線が測定されました」と報道されている
スポンサーサイト
Secret

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

友達

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

リンク

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 転職キャリアブログ 20代の転職・転職活動へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。